読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー禁欲男子 ドリームフェアリー日記

アラサーフリーターが禁欲で底辺から這いあがります

【瞑想記録】14日目 瞑想して最も変わったこと。

こんばんは。禁欲1日目のがりがり禁欲でございます。


3ヶ月以上も禁欲を続けたのに、こんなにも早くリセットをしてしまうとは。という思いでございます。笑

そんなこともありながら、瞑想は14日目。
2週間継続できたことはそのまま習慣になるとどこかでききました。
わたくし、瞑想の習慣がついたはず。笑

そこで今回は、瞑想後の変化について書きたいと思います。

 

みなさまは普段と違うことをする時、何か始める時に不安を感じることはありませんか?

 

私は普段しないことをする時「周りから変に思われたらどうしよう。」「失敗したらどうしよう。怖い。」と人一倍不安を感じるタイプでした。

 

全てが瞑想のおかげだとは言いませんが、瞑想を始めてから、新しいことを始める時には

「何がどうなっても自分というものは変わらない。自分がすることは自分がよくわかっている。なんのことはない。」というような感覚を持っています。

 

そうです。自信があるんです。

自分がここに存在するということに自信を持ってます。

 

昔は「自分なんか生きていても、社会の何の役にも立たないんじゃないか。」なんてことをふと考えてしまうような繊細ボーイな時もありました。

 

人の目がすごく気になるし、人から変な目で見られるのを過剰に気にしていたように思います。

これが、ずっと感じていた生きづらさの原因でした。

 

「人の目があろうがなかろうが、自分は変わらない。だって、ここにいるんだから。」

瞑想をして、最も変わったことです。

 

自信がない時の私はどこか頼りなくて、優柔不断で、自分の決断を信じることができませんでした。

 

今でも困ることはあります。悩むこともあります。

しかし、自分の決めたことに後悔はありませんし、それが正しいと思っています。

 

ちなみに今までは「がりがり君はいい人なんだけど、弱々しくて頼りないんだよね。」と女の子から言われていました。

 

最近では、女の子から「困った時に一緒にいてくれたのががりがり君でよかった。がりがり君がいたから、なんとかできたよ。」と言ってもらうことができました。

 

 

自分の軸がない。頼りない。優柔不断。

そのようなことに困っているみなさま。

 

 

ぜひお試しください。

変わった自分を体感できると思います。

1日の間に5〜10分、呼吸に集中するだけです。お得でしょ?笑